ご売却のお客様

地元密着40年という長年の実績をもとに、お客様のご要望にあった売却プラン(買い替え、スピーディな売却、マル秘売却、即金買い取りなど)を一緒に考え、スタッフ全員で全力サポートさせていただきます。
是非当社にお任せ下さい。まずはお気軽にご相談から受け付けております。

  1. 買い替えによる売却の場合
  2. 転勤等による売却の場合
  3. 相続等により取得した不動産を売却する場合
  4. 住宅ローンの支払いを続けられない理由等による売却の場合
  5. 上記以外による売却の場合

1.買い替えによる売却の場合
現在の自宅に住宅ローンがある場合、ない場合。
住宅ローンがある場合は売却価格よりも住宅ローンの現在の残高が多いか、少ないかにより新しい住宅ローンの組み方や売却の時期・方法が微妙に違います。
住宅ローンがない場合も購入してから自宅を売却するのか、購入と売却を同時に進めていかなければならないのかにより売却の時期や方法が違います。

2.転勤等による売却の場合
現在の自宅に住宅ローンがある場合、ない場合。
住宅ローンがある場合、売却価格よりも住宅ローンの残高が多い場合は、売却するのに差額分の現金が必要です。少ない場合は差額分が現金として残ります。
住宅ローンがない場合は売却価格から売り渡しに必要な諸経費を差し引いた金額をお持ち帰り下さい。

3.相続等により取得した不動産を売却する場合
相続人が複数の場合は売却には全員の同意が必要です。売却による税金等は、被相続人の不動産取得の時期・方法等、また相続人の売却の時期・方法により違います。売却の価格・時期・方法等は売主様のご希望によりご相談させて頂きます。

4.住宅ローンの支払いを続けられない理由等による売却の場合
現在の自宅に住宅ローンがあり売却しても住宅ローンの現在の残高の方が多い場合で、売却による差額のお金の資金繰りが無理の場合です。そのまま放っておけば競売手続きにより強制的に売却されます。売却されても自己破産の手続きをしていなければ住宅ローンの残りの残高はなくなりませんし、請求され続けられます。この場合、任意売却をすれば、少しでも競売予定価格より高く売却して住宅ローンの残高を減らせますし、時間的にも短時間で処理できます。

5.上記以外による売却の場合
どのような場合でも一度ご相談下さい。当社スタッフによる全力のサポートを致します。

Comments are closed.